本文へスキップ

TEL. 092-581-7700

〒816-0862 福岡県春日市弥生2丁目40番地


TOPICS

  • 幼児期の体育、スポーツといった身体活動は基礎的運動能力や体力を養成してこの時期知能の発達に大きく関係します。また、脳の発達は7〜8才までに成人の90%にまで達します。
    運動を通して出来る楽しさを感じ、たくさんの自信を持たせて子どもの成長に役立てればと思います。
  • 多彩な運動から、専門的な運動への成長プロセス
           

    1.プレゴールデンエイジ(3〜8歳)

    神経回路の配線が急ピッチで進んでいる時期です。運動能力の基礎は、この年代で形成されます。従って、この年代の子ども達には一つのスポーツだけでなく、色々な遊びを体験させ、体操の楽しさや身体を動かすことの喜びを教えて、“体操が好き”という状態で次のステージへ進みます。

    2.ゴールデンエイジ(9〜12歳頃)

    神経系の発達がほぼ完成に近づき、動きの巧みさを身につけるのにもっとも適しています。この時期は一生に一度だけ訪れる、あらゆる物事を短時間で覚えることのできる「即座の習得」を備えた時期(ゴールデンエイジ/Golden Age)なのです。
    私たち指導者は、真剣に子どもたち一人一人の、将来大きく成長するための基礎を作ってあげることが大切です。
    これからも子どもたちが「やりたいこと」を見つけて、「こうなりたい」という「夢」を持てる指導をしていきます。

NEWS新着情報

バナースペース

総合型地域スポーツクラブ
NPO法人ふくようスポーツクラブ

〒816-0862
福岡県春日市弥生2丁目40番地

TEL 092-581-7700
FAX 092-581-7916